戸越脳神経外科クリニックは品川区戸越の脳神経外科です。

初診予約はこちら
症状について
これらの症状がある場合は当院までご相談ください。

頭が痛い

頭が痛い
日本の頭痛人口は全人口の約4割を占めると言われています。世間にありふれた『頭痛』ですが、その原因は様々でくも膜下出血や脳腫瘍など直接生命に関わる頭痛や、日常生活で健康寿命を損なう頭痛なども多く存在します。
頭痛診療で重要なことは、脳出血や脳腫瘍など何らかの病気が原因となって起こる、一刻を争うような危険な頭痛『二次性頭痛』を迅速に診断することにあります。
当院では頭部MRI、CTなどで当日精査を行い結果をご説明し、状況に応じて適切な医療機関と連携し治療を行います。「いつもの頭痛」と放っておかず、すぐにご受診いただくことをおすすめします。
また、特に検査を行っても原因となる病気が見つからないのに繰り返し起こる頭痛『一次性頭痛』につきましても日常生活に支障が生じる片頭痛や薬の飲み過ぎによる薬物乱用性頭痛など様々です。これらは直接生命には関わらなくても生活の質を損なう重大な疾患と認識し治療を行ってまいります。
繰り返し起こる頭痛や月経と関連して頭痛が起こる方、他の医療機関で検査で問題ないと言われたが頭痛でお悩みの方、お薬を服用しているのに頭痛がどんどんひどくなる方などは、一度頭痛専門医による診察をおすすめします。

頭痛のタイプ

  • 一次性頭痛(特に原因となる病気がないのに繰り返し起こる頭痛)
  • ・片頭痛
  • ・緊張型頭痛
  • ・群発頭痛
  • ・薬物使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)
  • 二次性頭痛(何らかの病気が原因となって起こる、時として生命に関わる頭痛)
  • ・くも膜下出血
  • ・脳出血や脳腫瘍
  • ・髄膜炎 脳炎など

注意が必要な頭痛

このような症状がある場合はただちに受診されることをおすすめします。
すぐに受診が必要な症状
  • ・突然の激しい頭痛
  • ・今までにない強い頭痛
  • ・長期間続く頭痛
  • ・めまい、嘔気を伴う頭痛(後頭部痛)
  • ・頭痛が日増しに強くなる
  • ・高熱を伴う頭痛
  • ・言葉の障害(ろれつがまわりにくい、言葉が出ない等)を伴う頭痛
  • ・意識がもうろうとなる頭痛
  • ・頭痛の後に意識が悪くなる場合
  • ・見え方の異常を伴う頭痛
  • ・手足の麻痺や感覚、しびれを伴う場合

薬物使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)

これは元々片頭痛や緊張型頭痛などの頭痛をお持ちの方が、市販鎮痛薬や病院で処方される急性期治療薬(痛み止め)の飲み過ぎにより、かえって毎日頭痛が起こるようになった状態です。痛み止めを飲む回数や量が増えると脳が痛みに敏感になり頭痛が悪化します。痛みが増すとさらに薬を飲む回数が増えるので、どんどん薬が効きにくくなってくるという悪循環に陥ってしまうのです。急性期治療薬(痛み止め)を月に10回以上服用されている方、急性期治療薬を服用しても頭痛が以前よりひどくなってきている方、月に15回以上頭痛がある方はこの薬物の使用過多による頭痛の可能性があります。

では、薬物使用過多(薬物乱用)による頭痛をどう治療するか。まずは原因となっている薬を止めることから始まります。
  • 薬物乱用による頭痛の治療法
  • ■原因の薬を中止
  • ■薬剤中止後に起こる頭痛への対応
  • ■予防薬の投与
原因薬剤の中止後、最初の1~2週間はつらいですが、薬物乱用による頭痛であれば、毎日のように起こっていた頭痛が減り、もともとの頭痛の症状に戻るので、そこから元来の片頭痛などの治療を行います。

物忘れ

物忘れ
物忘れと言っても、誰から見ても明らかにおかしい状態もあれば非常にわかりづらい場合もございます。特に認知症の初期は加齢に伴う生理的な物忘れなのか病気の初期のものなのか一見非常にわかりにくいことが多いです。物忘れの症状は自分で気づくこともあればご家族から指摘されることもあります。気になる物忘れが少しでもあれば、積極的に認知症専門医に受診することをおすすめします。「年だから仕方がない」ではすまさない健康への高い意識こそ認知症予防の第一歩です。

注意が必要な頭痛

このような症状がある場合はただちに受診されることをおすすめします。
すぐに受診が必要な症状
  • ・食事を食べたかどうかを忘れてしまう(食事内容ではなく行為そのものを忘れる)
  • ・買物に出かけたら、自分の家に戻れなくなった
  • ・家族の名前を忘れてしまう
  • ・数日、数週間で物忘れが急に進んだ
  • ・日常生活に支障が出るほど物忘れがひどくなった

    ー金銭管理ができない

    ー「あれ・それ」が多くて会話が成り立たない

    ー鍋・やかんを焦がす(火の不始末)

    ー財布をなくすようなことが多くなった

認知症の診断・治療

患者様の症状にあわせて以下の検査を組み合わせて認知症かどうか診断いたします。
  • 認知症検査
  • ■日常生活や生活社会歴などの問診
  • ■認知機能検査
  • ■MRI検査
  • ■血液検査
血液検査以外は、当日検査結果が出ますので認知症専門医より結果のご説明をさせていただきます。ご不明、ご不安なことがありましたらお気軽にご相談ください。なるべく生活状況のわかるご家族とご一緒の来院をおすすめします。
上記検査につきましては手術や投薬などで治療を行うことで治癒(効果)が期待できる疾患などを念頭に精査を行います。
そのうえでアルツハイマー型認知症などの変性疾患が疑われる場合には診断確定のためSPECT等の精密検査を要する場合があります。

精査による確定診断の結果、病気のご説明、治療法、ケアの要点、介護申請などのご説明をさせていただきます。必要に応じお薬の処方および副作用チェックを行ないながら定期的に外来通院をしていただきます。時間の経過に伴い認知機能検査、頭部MRIなど含めて病状の総合的な再評価を行ってまいります。当院では認知症専門医による的確な診断、病態評価、治療を行いつつ十分な経過を見ながら再評価を行い患者様の健康のサポートを行ってまいります。(ただし、幻覚や妄想、暴力といった認知症周辺症状が著しい場合にはより専門的な観点から当クリニックでは限界があり対応しきれない場合がございます。)

手足の麻痺(マヒ)・しびれ

手足の麻痺(マヒ)・しびれ
手足が重い、動かない、ビリビリしびれるなどが主な症状として現れます。特にそれらの症状が右半身や左半身などに生じる場合には脳卒中を生じている可能性が高いです。特に症状が軽い場合には重篤感を感じにくく寝ていれば治ると放置される傾向にあり注意が必要です。

簡単な麻痺(マヒ)チェック

手足の麻痺(マヒ)が脳が原因で起こっているかどうかをチェックできる簡単な方法をご紹介します。気になる方は試してみてください。1人でやって自分で確認する検査ではありませんので周りにいる方に手の状態を確認してもらってください。
手の麻痺(マヒ)チェック
  • 1. 両腕を水平にあげる
  • 2. 手のひらを上に向ける
  • 3. 目をつぶって、この状態を30秒〜1分ほど維持する

もし手が片方だけ下がる場合は脳に異常があるかもしれません。
軽い麻痺(マヒ)の場合は手が内側に少しだけ傾くだけのときもありますが、大事なのは左右で差が無いかどうかということです。

手足のしびれチェック

以下のような症状は、脳や脊髄、更に末梢の神経が何らかの原因によって圧迫されている場合があります。具体的には、脳梗塞、脳出血、脊髄、糖尿病、血管が細くなることによる血流障害などの病気が関係している可能性があります。
症状は軽くても早急な治療が必要になることがあります。
受診をおすすめするしびれの症状
  • ・顔半分、体半分のしびれ
  • ・左右対称のしびれ、両手・両足がしびれる
  • ・温度や痛みを感じにくくなるようなしびれ
  • ・範囲が徐々に広くなったり増悪するしびれ
  • ・麻痺(マヒ)を伴うようなしびれ
  • ・頭痛・めまいを伴うしびれ

麻痺と異なり特にしびれの症状はご自分にしか感じないため周囲の人にはわかりにくく評価は困難です。「温かくすれば治る」や「しばらく我慢すれば大丈夫」と放置されがちですが、重大な病気が隠れていることもありますのですぐに受診されることをおすすめします。

めまい

めまい
めまいは、大きく分けると耳から生じるもの・脳から生じるものの2つに分けられます。
多くの場合は耳(三半規管の異常)から生じるもので、耳鼻科領域の疾患になります。
一方、脳から生じるものは脳卒中や脳底動脈の血流低下などが原因といわれており、生命に関わる重篤な疾患の前ぶれのことがありますので頭部MRI検査をおすすめします。

めまいの原因チェック

めまいを感じた際、耳鼻科に行くべきか脳神経外科に行くべきか迷う方がいらっしゃいます。大まかには下記のような症状で区別することができますが、単純に区別することが困難な場合も多々ありますのでご心配な際には速やかにご受診ください。ご来院当日に頭部MRI検査などの精査を行い結果をご説明させていただきます。
耳から生じるめまい
  • ・耳鳴りがする
  • ・難聴を伴う
  • ・耳の閉塞感がある
脳から生じるめまい
  • ・物が二重に見える
  • ・頭痛(後頭部痛)がする
  • ・口がもつれる
  • ・歩くと左右どちらかに寄ってしまう

ろれつが回らない

ろれつが回らない
普通に話せていたのに急にろれつが回らなくなったり、言葉が出なくなったりしたら要注意です。原因は口渇や、口・舌・顔などの機能異常や脳の異常によっても起こります。脳が原因の場合には早急な治療が必要ですので、放っておかずすぐにご相談ください。
受診が必要な症状
  • ・急にろれつが回らなくなった
  • ・顔がゆがんでいる
  • ・舌が曲がっている
  • ・会話が成り立たない
  • ・言っている単語が変(例:けしごむ→けしむご)
  • ・急に話せなくなった

動きが緩慢になる・手のふるえ

動きが緩慢になる・手のふるえ
これらの症状はパーキンソン病にみられ、脳の異常が原因で体の動きに障害があらわれる病気です。国内では人口10万人に対して100〜150人の有病率といわれておりますが、70歳以上の高齢者に限れば10万人あたり1000人(100人に1人=1%)という報告もあります。超高齢化社会の現代においてその数は増加傾向にあり決して稀なご病気ではありません。一昔前は「10年後には寝たきりになる病気」と思われていましたが、昔に比べてたくさんの効果的な薬が開発されており薬の効果を実感できますので決して怖い病気ではありません。ただし症状がゆっくり進行していくため適切な診断がつくまでに時間を要したり機能予後に大きく影響することもあります。少しでも気になるような症状がございましたらご相談ください。この病気は頭部CTやMRIで単純に診断されるものではありません。運動の症状が出現する以前の非運動症状の的確な問診、診察による神経学的所見、核医学検査(ダットスキャン.MIBG心筋シンチグラフィー)などにより診断いたします。
パーキンソン病の代表的な症状(運動症状)
  • ・動作(歩行)が遅い・小さい・少ない
  • ・手足がふるえる
  • ・関節がスムーズに動かせない
  • ・体のバランスがとれない
パーキンソン病のその他の症状(非運動症状)
  • ・便秘、嗅覚障害、立った時のふらつき(起立性低血圧)
  • ・寝言、寝ていて暴れる(レム睡眠行動異常症)
  • ・抑うつ(精神症状)
  • ・思考、記憶力の低下(認知機能)
  • 初診予約はこちら
  • 医療機関の皆様へ
医療機関の皆様へ
PAGE TOP
  • 診療科目

    脳神経外科・神経内科・内科・放射線科

  • 住所

    〒142-0041
    東京都品川区戸越1-7-1 東急戸越ビル1F

  • 【TEL】03-5751-7333
診療時間表
  • ○:土曜9:00〜14:00
  • 休診日:木曜、日曜・祝日
Copyright (C) 戸越脳神経外科クリニック. All Rights Reserved.